温室記事は置いといて…

温室作成記事はそろそろ皆さん飽きてくる頃でしょう笑。

なので、簡単に


温室内の空気を循環させるアイテムが届きました。







いろんな方が取り入れているのを私も取り入れます。


PCファンとそれをコンセント電源で使えるようにするものです。

自作も出来そうでしたが、万が一火災になったら笑えませんので既製品に頼りました笑。







まず始動点検。

音も静かで風力も弱からず強からず。

これならファンコンは必要なさそうなので、このまま設置しました。



熱源が最下段にあるのでその熱を上に送るように一つは設置して、

もう一つは中間辺りに下から送られてきた熱を横方向に流す向きで設置。


写真は撮り忘れました笑。


これで様子を見たのですが、温度差がほとんどなくなりました。

ってことで、温室はとりあえず完成したことにします。





さて。

久々のクワ記事といきましょう!


アウトドアら~さんから頂いたブルーパプキンのセットが現在2セットあるのですが、

そのうちの一つの餌交換をしたら、♀がお亡くなりになっていました;;



なので、割り出ししてみましたが…





1個です。



いよいよピンチです(汗



ただここで一つは気が付きました。


今まで失敗していたマットではなく、自分の中では成績の良いマットを使ったのに1個…

これはマットの問題ではないですね。


恐らく温度。


ちなみに皆さんは何度でセットしてます?


今までドウイロに温度を合わせていたので、低めでした。

が、パプキンの産卵には低すぎたと今更ながら、設定温度を24度まで上げました笑

すると上下の温度差が解消されてしまった温室ではドウイロにはきつい^^;


温室をもう1つ作るか悩みましたが、とりあえずドウイロは実家に持って帰ることにします。





話は逸れましたが、もう1つ

ようさんのところに♀を送って帰ってきた子供たちが羽化してきています。

その♂達を紹介します。


そういえばようさん最近更新しないですねー…












ざっとこんな色で羽化してきています。

親は確かブラックだったと記憶していますが、その血筋を受け継いで渋い色で羽化してきていますね。

♀はうちから旅立ったやつに似たレッド系しか羽化していません。


今度はこの子達の産卵も控えていますが、上手くいくか不安だらけです笑
スポンサーサイト

温室作成②

第2回温室作成記事です。


今回はスマホからの投稿です。

というのもですね、実家に帰らないと更新出来ない状態のままだと
廃れていく気がしたのと、FC2ブログのアプリの存在を知ったため、
スマホで書いてみることに。

見辛い等々ありましたら、コメント下さい笑。

一応、自分でもパソコンで確認しますが。


さて、前回の続きいきます。



いきなりですが、アルミシートを張り終わったのがこちら↓↓↓






最下段にケースなどをそのまま置くとスタイロが凹んでしまうので、
適当な板を敷きました。




次に肝心な熱源の設置ですが、今まで使っていたパネルヒーターを設置するための網を設置。





ここにパネルヒーターを載せて、外側もアルミシートで囲いました。



ここは写真撮り忘れました笑。






そして前面





こちらもアルミシートです。

棚の高さ毎に張りました。

ただこれだけでは心許ないので…





アルミシートの内側にはプチプチマットも。





ひとまず、カバーを掛けてこれで完成です。




全体像







あとは保温性のチェック!


サーモはまだ使わずに、一夜ヒーター付けっぱなしで温度確認。




上が温室内の温度で、下が部屋の温度です。


最高温度





最低温度





充分です笑。




ってことで、虫達の引っ越しをしたら冷え込みが強くなり、
温度が上がらなくなってしまい最下段は10度前後に…


これはまずい…と言うことで熱源を強化します。



ただサーモが400Wまでですので、それ以内で良いものを…


かなり悩んだ挙げ句、これにしました。








これをサーモと使用したら今度は上下の温度差が激しくなり、
予定の温度より高くなりました笑。


冷え込みも和らいだので、今はパネルヒーターで管理していますが、真冬用に設置はしたままです。



そして新たな熱源を使用するには上下の温度差の解消が必要ってことで、
ファンを設置することにしました。


が、Amazonで購入してまだ届いてませんので、
到着したら設置してアップします!



温室作成着手!

現在住んでいるところにネットを通していないので、

更新はいつも実家に帰ってこないと出来ません。

いや、スマホで出来るんですが、前に1度挑戦したら

ちょっとのタッチミスで入力したもの全てが消えてしまってから、

挑戦すらしていません笑




さて。


ここ何日間か温室作成に勤しんでいました。




ってことで、今回はその進行状況を簡単に笑



まずラックを組み立てます。






幅90センチの高さ170ちょい?だったかな?笑


今回からこのスペースしか確保出来ませんので、

減種しなくてはいけない日が早々にくるかも笑



それはさて置き。


温室作成に関して情報を沢山頂きありがとうございました!


現在の飼育数と飼育場所を考慮して考えに考えた結果、


今回はスタイロフォームで囲うことにしました。


そして外側はカバーをかけます。

なので、このラックをそのまま囲うことは出来ません。

カバーが出来なくなるから。



ということでスタイロをラックの各棚に嵌るよう切らなくてはいけません。


スタイロを綺麗に切るなんてド素人の自分には無理 笑


と、いうより、大変そう。



なので、ホームセンターでカットしてもらいました笑






1カット50円です。




切り方はお任せします。

なんて言ったものの


任せた結果、カット数が無駄に多くなって25回もカットされました笑




ちなみに今回は厚さ3cmのものを使用します。




各サイズを確認して使用する棚のところへ









まずは床板から取り掛かります。










スタイロにこのラックを乗せるのはまず無理なので足の部分を切り抜きます。







そして鑢をかけて円形に(いびつですが笑)


がしかし。





ここで早速問題が起こりました笑



切った部分が少し大きすぎたようで緩々になってしまいました^^;



やっちまったー・・・なんて思ったら、これ天板に使えるんじゃね?と



嵌めてみると







これがまたぴったり笑




背面、側面の板も角を少し削らないと嵌らないので、



全て少し削って嵌めてを繰り返し。



これが一番きつかった笑



そのため必死に作業をしたので写真撮ってません。




全てを嵌め終ったのがこちら



前面





側面




一部、測定ミスにより隙間が・・・笑





これで第一段階完了と言ったところですかね。



ここからアルミシートで覆います。







ケースを出し入れする際の傷から守るため、内側も覆います。



その作業をしていたのですが、


アルミシートもガムテープも途中でなくなってしまったので、


現在中途半端な状態で終わっています笑


今日もまた作業をして、完成したらカバーをして熱源置いて、


温度の上昇率を見て終了です。


それでは、次は温室完成時に記事をアップします。




ちっちゃいものクラブ

またまた久しぶりの更新。

前回も久々の更新だったにも関わらず、コメント頂けて嬉しかったです!

まだこんな感じが続きますが宜しくお願いします笑




ちなみにまだ温室完成していません笑

材料はある程度買い揃えたんですが、やることがあり過ぎて作業が出来ていないんです。


そんな中で、クワカブ作業していましたがブログのことを

考えている余裕もなく淡々と作業をしていたため

写真は有りませんが、文字でここ最近のクワカブ事情を。



まずダイスケギラファ。

やはり無精卵の連発で、ケース側面に卵が見えても膨らむこともなく、

数日後には消失していく事態。


もう諦めました笑

セットは解体しましたが、少し時間を置いてから改めてセットしてみたいと思います。



次にパプキン。

今2血統のパプキンをセットしているのですが、どちらもボウズ^^;

マットを篩にかけたりしたのですが、何かがダメなようです。

こちらは諦めません。

2血統とも再セットして更に1セット増やしましたので、現在3セット中。

自前の血統は産まなくてもいいのですが、アウトドアら~さん血統はどうしても採りたい!



そして次にミヤシタシロカブト


ペアリング時の画像がありましたので、ここで画像を入れます笑





カブトはペアリング楽でいいですね

開始3秒で交尾しましたから笑


その後、約1ヶ月セットをして♀を取り出しておいたセットを解体。

側面に多少の卵が見えてましたが、割り出した結果、

幼虫と卵合わせて40頭ちょい採れました^^;

産んで欲しいやつと少しだけでいいやつの差が極端ですorz



そんなところなのですが、ここからタイトルの「ちっちゃいものクラブ」です

以前に小さいエレゾウを紹介しましたが、あれより小さいです笑


まずはこれ↓↓↓





頭に申し訳程度の突起のある蛹。


初飼育の洗礼でしょう。


コーカサスです笑


蛹化時に黒土を入れて暴れを防止するなどして、長角を目指すこともしていません。


なぜならそもそも体重が乗らなかったからです。


MAX63gで、この個体はあまり暴れず蛹化してくれてこれなので、


黒土どうこう以前の成長不足ですね。

次世代に繋げれたらリベンジします!



次のちっちゃいものクラブ会員はこれ↓↓↓



これは何でしょう。

正解した方の中から何かしらの幼虫をプレゼント・・・なんて笑


これ・・・


ヘラヘラなんです^^;


こっちも全く体重が乗らなかったので、成長不足が原因ですね。

こちらは♀も同時蛹化していますので、次世代で頑張りますよ笑




本当ならカテゴリを分けたいところですが、

頻繁に更新できないのでまとめて更新してみました。


プロフィール

らん

名前:らん
ようこそ初めまして!
北海道に住む20代でクワガタ・カブトと犬をこよなく愛する“らん”と申します。
いろいろと飼育していますが、メインは色虫。ニジイロとパプキンが大好きです。
いろんな方と交流を持ちたいので、気軽にコメントなど頂けたら嬉しいです^^

※らんは愛犬の名前

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR