ずぼら記録

前回、同居記事は書いたものの産卵セット記事を書いていなかったダイスケです。

なぜ産卵セット記事を書いていなかったかというと、

ズバリ期待していなかったからです笑



セットから2週間ちょいが経過したので、割り出してみることに。








結果、1個です^^;



ただ形からして産んであまり時間経ってない様子ですね。


セットを組んでから、♀はセットの中で暴れまわっていました。


なので固めた筈のマットもふわふわの状態。


恐らく、産み始める前にマットがふわふわになって固められなかったんじゃないかと。


と言うことで、若干加水して同じく再セットしました。


ダイスケはあまり人気ないようですし、自己ブリ分だけ取れれば良いんですが、


この兄弟達のこともありますので20位は欲しいですね。



さぁ、産んでくれ笑



スポンサーサイト

小象降臨

衝撃的な対面から約3週間のエレゾウですが、♂の方が一足先に羽化しました。

羽化から2週間ほど経過し体も固まってきましたので取り出し。





お披露目です笑










かわいい笑










頭角なんてこの短さ 笑





ちなみにサイズは76mmですが?笑




♀はまだ蛹をしています。



こいつの他にも小さいシリーズがもう1種ありますが、それはまた今度^^;





子守終了の合図

昨日アップしたパプキンの記事ですが、

3頭目の♀パプキンの写真が納得の映りではなかったので、

先程、差し替えました。




さて、今日はタランドゥスです。

記事にはしていませんが、何度も菌糸瓶に突っ込んだりしていました。

しかし一向に産卵する気配もなく、諦めモードになっていました^^;

そんなときにババオウゴンの産卵が成功したことで、菌糸ブロックが必要になったため、

恵栽園さんで注文するときにレイシ材があるのを発見して、これでダメなら・・・

と一緒に注文。


到着したその日にタラをセットしました。

セット内容としては、おが屑を敷いた上に余っていたカワラ材とレイシ材を転がしただけ。


そのうちレイシ材に潜ってずっと出てこなかったので、少し期待しながら放置していました。




そんななか、ちょくさんのブログを見ていてタラ♀が卵を守りに何度も同じところへ潜るという

記事を読んで自分のところタラが気になり覗いてみると







何してるの!?笑





出てきてました^^;




ん?



出てきたってことは?



守らなくていいってこと?



孵化したってこと?



ってことで割り出し!







入り口は右側です。



いつものようにマイナスドライバーで割ろうと思ったのですが、

タラは1回の産卵数少なめのようだし、プチったらショックなので極力手で割りました。






ちょっとずつ割っていくと、もぞもぞ動くものが









いたーーーー!笑





その後も探していくと、







頭だけの死骸;;







2頭目♪





3頭目♪




4頭目♪








孵化直後に落ちたのね;;






以上です笑



4頭じゃちょっと・・・



ただ再セットする材がありません^^;


また菌糸瓶に突っ込むかな?


ただ23度以上ないと卵がダメになるみたいだし、もう時期的にうちでは厳しそう・・・


とりあえず今後の産卵は保留にします。



全体的に孵化から日にちがあまり経っていないことから、

タラは本当に卵を守るんですね!


ちょっと惚れた笑




取れた幼虫達はババオウゴン用に作って余っていたカワラ菌糸瓶に投入しました。



羽化報告

かっつさんのプレ企画で当選したアウトドアら~さんのパプキンが全て羽化したので、

今回はその個体の紹介です。

写真を撮った日が違うのもあるので写り方に違いがありますが、

実際の見た目に近い写真を選んで載せていきます。



では、まずは♀から行きます!











いやー・・・

どの個体も綺麗です笑

2枚目の個体はかなり実物に近い発色です。





続いて♂行きます!










1枚目の個体は写真に撮ると青が写りますが、

言葉で表現するなら黄緑色ですね。

背中中央付近の色が実際の色に近いです。



2枚目の個体はこれが恐らくモスグリーンなのかな?といった色です。

写真はわりと実際の見た目に近いです。



ということで、並べての写真






それから一番青く見える写真 笑









モスグリーンの方を親種にして、産卵頑張ります!






マット交換

メガソママット交換3連続記事最後はノゲイラです。

うちに来てから初のマット交換ということで、

拒食せずにマットに馴染んだかの確認。

ちなみにこちらも1ヶ月半ほどでの交換です。



では、







♂ 40g⇒69g(+29g)







♀ 43g⇒45g(+2g)




♀は微妙 (我が家ではいつものことか) ですが、♂は素晴らしい成長です笑



このままの勢いでの成長に期待!

微回復!!

マルスに続いてアクティオンのマット交換です。

こちらも前回のマット交換から1ヶ月半が経過しています。



糞の量はそこそこ。


体重測定をしてみると・・・





♂ 77g⇒82g(+5g)





♀ 47g⇒50g(+3g)






♀ 34g⇒38g(+4g)



前回のマット交換でもうダメだろうと思っていた、

シワシワになっていた♀も生存していました。



しかも、全頭微妙にですが、一応体重は増えています笑




マットの銘柄を変えて若干ですが体重増えたので、


ここから更に体重増加に期待!



バカまじめ

久々に虫ネタではなく、独り言シリーズです笑

文字だけのつまらない記事ですので、悪しからず。




最近、某オークションに出品する機会が多かったので、

そのこととバカまじめな人についてです。



まず1つ目として、今までにビッダーズ時代からオークションでクワカブを入手する機会が

かなりあったんですが、たまにおまけしてくれる人って居ますよね?

オークションに限らず、プレ企画でもそうですが。

あれって凄く嬉しい気遣いであって、粋な心配りですよね。

自分はされる側が多かったから、

これからは出来るだけしていきたいなーなんて思っていました。


それで今回大量に取れた幼虫を出品していましたが、数に余裕があるときは

予告なしでおまけを付けてみました。

喜んでもらえるかなーなんて思いながら、先方への到着の連絡を待っていると、

その件に関しては何も触れられず^^;


そんな取引があったのですが、なんかちょっと切ない気持ちになりましたね。

某オクの取引連絡も事務的じゃないですか。

出品者、落札者という関係の前に飼育者同士としての

取引が出来たらいいのになーなんて。

でも、某オクのシステム上なかなか難しい話でしょうが。


そんな中で「この方はクワ好きなんだな。」って、思える取引もありました。

その方には予告ありでおまけ付けました笑

その方とはとても良い取引が出来たのですが、ここで一つの問題が起こりました。




2つ目のバカまじめな人についてです。

某運送業を担う企業の“バカまじめな人”のCMありますよね?

あのバカまじめな人がですね・・・

荷物を積み忘れるというミスを犯したそうです。

バカまじめなのに・・・

お蔭で到着日が一日遅くなり送った幼虫のうち2頭が死着するという事態。

信頼して使っていたのに。

ただ落札者が連絡取った結果、保証してくれるという話になったみたいですので、

そこは良いんですが。

もし品名にクワガタって書いてなかったらダメだったのかな・・・?



ここから少し話しが変わりますが、

最近発送するときの品名をクワガタ(カブト)で送っています。

ずっと虫は取り扱ってくれないと思っていたのですが、

どこに取り扱えない根拠があるのだろうと、調べてみると、

逆に取り扱える品目としてクワガタ(カブト)が入っていました。

皆さん知ってました?笑

ただ送る際にはクワガタorカブトムシ、成虫or幼虫、頭数を

記載しないといけないみたいです。

これはゆうパックに限った話でクロネコさんは調べてないので分かりません。

ちなみにゆうパックの方はHPのQ&Aに載ってました。




以上。久々の独り言でした笑

マット交換

前回のマット交換から1ヶ月半が経過した、


マルスのマット交換を2日に分けてやりました。









画像は最大の♂と♀のみ。


♂ 62g、60g、59g

♀ 56g



と、みんなゆっくりながら成長しています。


ただ♀は成長止まりかけてます^^;



♂は100gまでまだまだ遠いですね笑



焦り

微妙に累代の危機である、ダイスケギラファです。


後食開始から1ヶ月が経過し、動きも機敏になってきました。


ちょっと早いかな?なんて思いながら試しにペアリング。


ハンドペアリングだと興奮してダメでした^^;


ってことで、♀も1頭しか居ないので不本意ながら♂の顎を縛らせてもらい、


同居させてみました。


本来ならもう少しじっくり成熟させてからがいいんですが、


もう早くしないと寒くなっちゃうんで笑









同居から明日で1週間になりますが、常に上の写真のように仲良く過ごしています。


交尾は確認出来ていませんが、明日にでも一度産卵セットを組んでみようかな?


スタートライン

少し前の話になりますが、7月下旬にエサ食いが良くなってきていた

エラフスのペアリング&同居産卵セットを組みました。







温度は18~20度。


セットはカンロ式。


まずは産むのかどうかを確認するために2週間で割り出し。



すると結果は・・・





4卵でした^^;




もちろんその後はそのまま再セットしましたよ!



そしてその卵の第一号が今日孵化しました。






これでスタートラインに立てました^^



材飼育がいい結果出るみたいですが、ちょっと自分には向いていなさそうなので


ある程度マットで育ててからカワラ菌糸瓶で挑みたいと思います!


プロフィール

らん

名前:らん
ようこそ初めまして!
北海道に住む20代でクワガタ・カブトと犬をこよなく愛する“らん”と申します。
いろいろと飼育していますが、メインは色虫。ニジイロとパプキンが大好きです。
いろんな方と交流を持ちたいので、気軽にコメントなど頂けたら嬉しいです^^

※らんは愛犬の名前

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR