スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外に長かった・・・

なかなか蛹室を作成してくれないどころか、

ダイエットを始めたエレゾウの記事を書いてから1ヶ月も経過していませんが、

今回はエレゾウの記事です。



この更新頻度からしてマット交換ではありません。



そう。



やっと蛹室作成してくれました!










ケースの側面からとても観察し易いところに作ってくれました^^



もう1頭もケースの底面から蛹室作成を確認出来ていますので、

羽化ズレは心配無さそうです。



サイズは期待出来ませんが、完品で羽化して欲しいものですね。



スポンサーサイト

マット交換

前回のマット交換から2ヶ月が経過して

糞も目立ってきていたマルスのマット交換をしました。


現在♂3♀1を飼育中ですが、








♂54g、50g、46g 

♀55g
 という結果に。


画像は最大の♂と♀のみです。





まだまだ全然小さいですが、アクティオンのように成長が止まったりダイエットしたりせず

ゆっくりですがみんな成長してくれています。



とりあえず目標は100gで笑


おひさし

前回の記事からかなり時間が経っているアクティオンです。

マット交換は定期的に行っていたのですが、徐々にダイエットをしていったため、

記事にはしていませんでした。


5月に思い切ってマットの銘柄を変更し、それから2ヶ月が経過したことで、


マット交換、体重測定、健康診断をしました。






♂77g





♀47g






♀34g



微増ですが、全頭体重が上がりました。


けど、アクティオンでこれって・・・笑



最後の一番小さいやつはシワシワになって様子がおかしい。


恐らくダメだと思われます。


最悪、1Prだけでいいので無事羽化してくれー!


いきなり

気が付けばババオウゴンの記事は入手記事で止まっていました^^;


最近ネタが豊富(内容は薄いが笑)なので、忘れていました笑



ってことで、少し前の話になりますが、


7月3日にペアリングをしました。




ハンドペアリングをした後、なかなか離れなかったのでそのまま同居。



そして♀だけを産卵セットに投入!


セットは過去にローゼンで成功した砂埋めレイシ材でいこうと思ったんですが、


余っているカワラ菌糸瓶があったので、これでダメなら砂埋めレイシでいっか。と思い、


とりあえずカワラ菌糸瓶でセット。






セットを組んだのが7月7日のことで、その日の夕方には





潜って行きました^^




と、喜んだのも束の間、次の日の朝には菌糸瓶から出てきてウロウロと・・・




暫く放置していたらまた潜っていき、今度は長いこと出てこなくて20日に出てきました。




なので、菌糸瓶をチェックすると









卵はっけーん!




側面からは3つ確認出来ます。



このまま次の菌糸瓶をセットしたかったのですが、


予備がありませんので急遽ブロックを詰めました。



その間はカワラ材を与えておきましたが今のところ見向きもしません笑



ちなみに・・・菌糸瓶に産ませた場合、これは卵で割り出した方がいいのかな?


とりあえず様子見て菌が回り始めたら割り出そうと思って放置していますが。


3回目~!

自己ブリード分は確保出来ていますが、産ませ続けているケルブスです。


前回のセットから2週間ちょいが経過しましたので、

3回目のセットを割り出ししました。




今回も今までと同様良い感じに産んでますが、珍しいものを発見!






双子です笑



色も変わってますしダメでしょうね^^;




それで今回の結果は・・・








17卵(双子含む)でした!



これの他にカビの生えたダメ卵も2つほど。



ここ2回のセットから得られた卵を管理してて、採卵時に丸くなっていないものは


丸くならず腐ってしまいました。


ってことで、今回は丸いものだけ今まで通りの管理をし、


丸くなっていないものはティッシュ管理に変更しました。


吉と出るか凶とでるか。





ここまでで採卵時正常だった卵数は44卵!










土が変な模様みたいになっていますが、♀はとても元気です!



なのでこのまま再セット頑張ってもらいましょう笑




至急!!

現在2セット目に投入しているスペキオシスシカですが、

ゼリーが全然減っておらず、しかもセットに尋常じゃないくらいカビが・・・





♀が死亡して産卵行動をとっていないからカビ生えたのかな?

なんて思いながら、産卵木に生えたカビを指で擦り取って放置しようとしたけど、

産卵痕の埋め戻ししたところは擦りとれず、むしろこれは放置したらまずいやつじゃー・・・

と思い始めたので急遽割り出し決行です!



産卵木を避けて置いて、まずマットを大きいケースにドバっと。

そして♀を捜索するもなかなか見付からず、逃走したのか!?


なんて思ったら居ました。






めちゃめちゃ元気です笑





そしてマットを捜索。






マットには1つも産んでませんでした^^;





ってことで本命の産卵木の割り出しに掛かります。


埋め戻し痕近辺を割っていくと










ありました!



しかもカビがすぐそこに笑









幼虫なんかもちらほら・・・






結果・・・




5ニョロ20卵ゲットしましたv(。・ω・。)




そして最後に取りこぼしを捜索したら2ニョロ発見したので、合計27ニョロ卵となりました!



これよりセット期間長い1セット目はまだ割り出していませんが、これだけあれば十分です笑



しかし・・・



ここで産卵を止めさせるのは勿体無い。


ってことで再ペアリングして再セット♪


1日同居させたら、♂が死亡してしまいました^^;


最後の力を振り絞ってくれたのね。


ちなみに3セット目はもう取れなくてもいいので、少し実験を。


スペキはカンロ式で産むのか。


今回はあまり望めないと思うので2週間くらいで割り出します。



増種③

増種シリーズ(ひとまず)最後です。

メタフェル、インペラときたら・・・






エラフスですよね笑



実は飼育は2度目・・・


いや、1度目か。


と、言うのも1度目の飼育のときはエラフスとして購入し、ブリード、産卵は成功しました。

当時、今のように記録をつけていなかったので、その後は覚えていません笑


それから少しばかりクワカブから離れ、

最近になってまた少しエラフスについて調べていると、

黒♀がどうとか、なんか聞きなれない名前だけどエラフスじゃ・・・?と思うことが。

そう。初めて飼育したエラフスはトゥルンカートスだったらしいです笑


そして今ではなかなか大きなエラフスが作出されているのを目にして、

挑戦してみたくなったことと、

インペラを出品していた方がエラフスのペアも出品していたので、同時購入した訳です。

北海道は送料高いから同時購入でお得感 笑

累代はWF1。まだ♂のエサ食いが微妙なので、もう少ししてからペアリングしていきます。

この小さい親からまずは親越え目指します笑




増種②

ノゲイラと同じ日に到着したクワが2種います。

そのうちの1種を今日は紹介。





幼虫なんで、これだけじゃわからないよね笑


今回増種したのはインペラトールです。


幼虫を8頭購入したのですが、1頭が死着でしたので7頭で飼育スタートします。


到着したときは60ccのプリカに入っていたので、翌日に全頭200ccプリカにお引越し。


このままある程度まで育てて、♂は容器のサイズアップして行きます。



と、ここでメタフェルとインペラが揃いました。


この2種がいるということは・・・?


次回増種シリーズに続く笑



増種

飼育スペース拡大してから初めての増種です。

と言っても、実は3種も増種しています笑


今回はつい最近存在を知ったノゲイラです。


これでゾウは我が家に4種類


メガソマを飼育するのをずっと躊躇っていたのが嘘のよう笑




到着したのは昨日で、一日置いて中ケースに同居させました。









雌雄判別は出品者を信じていたのですが、一応確認・・・


ちなみにプリカにちゃんと♂と♀と書かれたラベルが貼られてましたが、

疑うことなく剥がしてしまいました笑



それでなんとなく雌雄判別を・・・と思ったのですが、

上の個体が元気過ぎて恐ろしく(笑)

お腹をあまり見れず、ちょっと分かりませんでした。

下の個体は窪みが見られなかったので♀だと思われます。

が、2頭とも頭幅が同じくらいなんだよね^^;

気門の大きさは違うから恐らく上♂の下♀であってるだろうけど。



まぁ、成長すれば分かるし、間違ってもしゃーないからいいんだけど笑


ついに・・・

実は先月のことですが・・・笑


サタンが羽化しました!



割り出しから2年。

我が家に来てからは1年半での羽化でした。



本当は活動するまで触らずにいたいのですが、

ブログを書いているのにアップしないのもね・・・笑



そしてもう一つ理由が






二つ仲良く並んだ蛹室。




ここで気が付いた人は鋭い!










見えづらいですが、♂の蛹室に♀が侵入しています笑




ってことで成熟するまでは別居させます。






完品で羽化してくれました。



それだけで満足ですが、サイズも102mmと自分的には大満足です笑








♀も幼虫時代は黒点があり心配していましたが、完品で羽化です!



あとはじっくりと休眠させて苦手な産卵ですね^^;



サタンは難しそう・・・



なんかコツとかあるんですかね?


ぼちぼち。

今回も割り出し記事です。

5月28日~6月30日の期間セットしていたトカラノコのセットを7月7日に割り出しました。

ケースの底から卵がいくつか確認出来ていましたので、期待して割り出してみると・・・







2ニョロの8卵でした。


このあと取りこぼしがないか確認したら1卵出てきましたので9卵になりました。



ちょっと期待はずれ^^;



自己ブリ分はこれだけ居ればいいんですが、

前回の♀が1頭しか居ない事態は恐ろしいので

もちろん再セットしました。






続好調!

前回の産卵セットで12卵ゲットしたケルブスが孵化し始めました!







ただ孵化率が悪くて、無事に孵化したのは5頭^^;




5頭じゃ自己ブリード分には少なすぎます笑




ってことで、再セットしていたのを割り出しました!




今回は・・・








15卵!


セット期間は前回より1週間延ばして3週間での割り出し。










前回同様、プリンカップに5卵×3に分けました。


これが全部孵化すれば、自己ブリード分はOK!



でも、万が一ってこともあるので、再セット組みました笑



小僧

久々の登場、エレゾウです。

前回の記事から約7ヶ月が経過していますが、その間は放置していました。

と言うのも、そろそろ蛹室作り始めるんじゃないかと淡い期待をしていたから・・・


が、その兆しも見られないことから、マットの糞取り除きと補充をしました。



ってことで、体重測定。







♂ 81g⇒71g(10g)
♀ 74g⇒74g(±0g)



♂がダイエットしてる^^;



小さくてもいいから早く蛹室作って・・・笑


復活!

リバウンドの記事にて、拒食からの復活を遂げたコーカサスです。

残る3頭もリバウンドに成功した個体と同じ環境(クワに使用後のマット)

にして飼育した結果、全頭復活しました!


ってことでマットの糞取り除きとマット補充がてら体重測定を。






今回の最大個体です。

詳細は

♂ 30g⇒63g(+33g)
♂ 35g⇒63g(+28g)
♂ 27g⇒55g(+28g)
♂ 42g⇒49g(+7g)


ちなみに前回体重は飼育開始時の体重ですので、

ダイエットしたときはもう少し小さくなってました。


まだまだ小さいですが、とりあえず成長していればOK!




累代の危機

もう1ヶ月近く前の話になりますが・・・笑


430ccプリカで管理しているフォルスターキヨタミの3頭のうち、

2頭のプリカに空洞が目立ってきたので、800ccプリカにお引越し。




そして体重測定





頭幅を3頭比べてみたら、3頭とも同じような・・・



嫌な予感^^;笑






そして引越しから1ヶ月近く経過して、何気なく覗いて見たら







前蛹になってるし笑



800ccプリカに引っ越したもう1頭も蛹室のようなものを作っています。



どうなることやら笑



色の表現は難色。

最近、飼育スペースがないと言いながら増種を続けてきましたが・・・






飼育スペース拡大に成功しました笑




また増やせます笑






さて、パプキンがおおよそ羽化完了していますので、今回はその羽化報告です。

まずは親の画像から




もう標本になっています笑

生前の写真はこちら


文字で色を表現するならば、♂♀ともゴールドグリーンといったところでしょうか。

(2色以上の表記は、面積の多い色を先に表記していきます。)

見る角度によってはレッドにも見えます。


この親から得られ、羽化した個体は




親と同じ色から





赤の強い固体




グリーンブルーの個体



羽化した固体はこの3通りでした。

割合としては画像の順番に 3:8:3



レッドが一番多く羽化してきました。




♂の方は親と同じようなものしか羽化してきていませんので、省略します。




そんな中で今年の親種紹介と行きます。


この血統はグリーン系とレッド系の2血統に分けていこうと思います。




そのグリーン系の親はこちら





3日間同居させ、現在♀のみをカンロ式にてセットしています。




もう一方のレッド系には







このペアでいきます。

♂は全頭同じ感じですが、その中でも若干赤が強い個体を選別。


肉眼で見たらもうちょっと赤いです。


♀はレッドの強い固体ですが、前胸部にダークグリーンの乗ったツートンに近い固体。


写真では前胸部の色を上手く写せませんでした^^;


このペアでセット予定ですが、現在♂の成熟待ちですので、

後食開始後、少し日にちを置いてペアリング~産卵セットを組みたいと思います。



連続羽化記事

前回のアンテ取り出しに続いて第2弾


今回はダークレッドニジイロです。


羽化している5頭の内、体が固まり色も落ち着いた3頭を紹介。





遠い写真じゃ分かりづらいのでアップも。



大きい方の♂と






♀と






親兄弟と同様、ダークレッド3連発で羽化したので、かなり固定されているようですね。


見た目もおおよそ写真通りですが、♀はちょっと黒く移りすぎかな?



また今年もニジイロのブリが始まります!


プロフィール

らん

名前:らん
ようこそ初めまして!
北海道に住む20代でクワガタ・カブトと犬をこよなく愛する“らん”と申します。
いろいろと飼育していますが、メインは色虫。ニジイロとパプキンが大好きです。
いろんな方と交流を持ちたいので、気軽にコメントなど頂けたら嬉しいです^^

※らんは愛犬の名前

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。