気が付いたら手元に(*゚0゚)ハッ

はい。

増種記事です笑



先日、また札幌へ一人旅して来ました。

その最中にヤフオクではたくさんのネプチューンの幼虫が出品されていました。

これだけ出てたら安く落ちるのではないかと考え、このくらいの値段なら・・・ってところで入札をして放置。

すると見事に落ちました笑

そのコ達が到着するのは札幌から帰った翌日。

そんなこんなで帰る日に、最近ちょくちょく行っている「生物屋キセキ」さんへ

そこでネプチューン3令ペアが安く売っていた。

でも、オクで落札しちゃったしなー・・・って考えた結果、そのコ達も車に乗って居ました笑



帰宅した日と翌日は放置してからのケースへ移動。

コバエが1匹居たのを確認したので身体に付いたマットも綺麗にして体重測定。




謎に♂だけピンボケですが。


♂38g、♀32g


と、これからと言ったところでしょうか。




そしてヤフオク組みも到着





まだ小さいので200ccプリカで少し様子見することに。




ちなみに「生物屋キセキ」さんでもう1種購入しています。

飼育する予定のなかった種ですけど、その累代数に圧倒され購入してしまいました。

詳細は次回 笑




そして今回が年内最後の記事になりそうです。

今年は増種もたくさんしたし、このブログを通じてお知り合いも出来たし、とてもいい1年でした。

内容の薄ーい(笑)、低レベル飼育者の記録綴りですが、来年もどうぞ宜しくお願い致します。

では、良いお年を(●゚д゚●)
スポンサーサイト

コバエ発生中!!

現在♂1♀2飼育中のゴロファポルテリです。

そのうちの♀1のケースでコバエが大量発生していたので、急遽マットの全交換をしました。

コバエの発生したマットを少しでも入れたくないので、霧吹きでマットを洗い流し体重測定。




31g⇒34g(+3g)


前回のマット交換から1ヶ月しか経過していませんので、微増ですね。


定期のマット交換でなかったため、この♀のみの交換です。




そして、また発見してしまいました・・・






例のシミを・・・



もー、いや笑



なんか最近多い。


記事に書きたくないくらい。


昔はこんなに出た記憶ないんだけど、マットが悪いのか・・・?



はたまた呪われているのか?笑



まだシミ程度の浅い感じだからこのままなら大丈夫な気がする!

そう願いたい笑




次回、増種記事です!

最後の採卵

ついに終わりが来てしまいました。

セットを組むこと4セット目。


そう。

ゴロファspです。



今月の初めに♂がマット上で死亡していました。


そして昨日割り出しをしてみたところ、セット内で♀も死亡していたため、これにて終了となりました。


最後の産卵結果ですが、





この卵1つのみでした。


累代絶望的状況から、望みが見えるところまで導いてくれたこのペアには感謝しています。


その意を込めて親♂の画像を




今回の産卵はゴロファspが私の中で初めてのゴロファ種であったため、上手くいきませんでした。

少し工夫をしてセット毎に変化をかけてみましたが、コツを掴む事も出来ませんでした。

何より幼虫が多く確保出来ませんでした。

こえださん、ごめんなさい;;



現在は幼虫6頭の卵3個という状況。

何とか累代はいけそう。





また、このペアとは別ペアから取れた唯一の1頭の糞が目立ってきたことから、土変えも同日に行いました。







7g⇒17g(+10g)



孵化からもう少しで3ヶ月。


ここまで大きくなれば雄雌判断出来そうですが、わかりませんでした^^;



まずはこの子達を全頭落とさず成虫にし、来期の爆産を頑張ります!!


んー・・・

あっ、お久しぶりです ┃。・∀・)ノ゛


ずっと更新していなかったのは、今月に入り大掃除やら何やらやってたら記事にする時間もなく、

そして何よりネタも無かったので更新せず、おとなしくしていました笑



そして今日久しぶりに虫弄りをしたので、少しずつ小出しにしていきたいと思います。



では、



以前、コーカサスの産卵セットを組んだ記事を書きましたが、その続きを書いていませんでした。

それは大失敗したからです笑



あの記事の♀は卵を産むこと無く、セット内で死亡していました。


少しの間放置していたのですが、残っていたもう1頭でセットを組み1ヶ月ほど放置。


マット上に全く出てこないので死んでしまったと思い今日割り出し。


すると、♀は寝ていたかのように生きていました笑


マットを適当に崩していくと卵がポロリ・・・



プリンカップを用意していなかったので、用意して拾おうとしたら液漏れ(*′皿`艸)



その後も液漏れ卵が続出する中、やっとまともな卵を回収・・・




結果↓↓↓







一先ず無事なのは9個でしたが、どれ一つとして丸くなっていなくて無精卵な感じ・・・


Wildの♀のみ購入したから追いかけすることも出来ません。


このまま産ませ続けても無精卵だろうから、これにてコーカサスの産卵セットは終了です。


この卵が孵化したら記事続行ですが、孵化しなかったらこれにてコーカサス記事も終了です。

銅色の嘘。

パプキンの糞が目立ってきたのでマット交換しました。




大きさはこんな感じ。

2令3頭の3令2頭といった状況でした。

前回使用していたプリンカップから少しサイズアップして200ccのプリカへお引越し。






嘘です。笑




でも、これだけ見たら何が嘘なのかわかんないよね(・∀・*)





こちらの記事にて後半にサラリと登場している幼虫5頭です。





ドウイロの幼虫でした笑

色虫好きとしては、1度飼育してみたい種でしたがなかなか手を出せないでいましたが、思い切って入手。

東京のショップより購入したのですが、そのショップの対応が良くてなかなかいい感じでした。




11月5日から届いた状態のままで飼育開始してましたが、1頭も落ちること無く、糞の量も多いので、ここまでは順調のようです。


温度は20度前後で飼育中。


まだ生体も標本も実物を見たことが無い種なので羽化まで無事に持っていきたいものです。

相性×

前回産卵セットを組んだ際、3頭の幼虫と1コの卵を確保したフォルスターキヨタミの再セット結果です。

再セットの前に再ペアリングもしてあります。





セットに使用した産卵木の裏表はこんな感じ。


そして割っていきます。






結果・・・





ボウズですilliorzilli




全くコツが掴めない。




2♀で挑んでいるけど、もう1♀は産む気配すら感じない。


もうお手上げ笑




がしかし・・・



寿命が来るまでは諦めません。



現在、ゼリーを食べさせていますが、再ペアリングして再セットします!



次こそは・・・!


増(ゾウ)種!!

くだらないタイトルですいません笑

またヤフオクで増種しました。






マルス♀です。

産卵に使用済みということで安く入手出来ました。

使用済みの♀を購入するのは初めての試みです。

情報によるとまだ少ししか産ませていないようなので、まだ産むんじゃないかと。




到着してから2日間はエサを与え様子見。

使用済みで短命種なことからのんびりもしていられませんので、早速今日産卵セットを組みました。

特大ケースにネイチャーマットを下から10㎝ほどガチガチに詰めて、その後ケースの8割くらいの高さまで軽く手で叩く程度マットを詰めました。






産卵セットに投入する前に体重測定。


15g・・・?

軽くない?笑


メガソマ属の産卵は初めてで良くわからないけど、とりあえず10頭取れればOKなので頑張ってもらいたい。

ぼやき。

もう飼育スペースがないって結構前から言っているにも関わらず、また増種してしまいました(*´∀`*)

現在その産卵セットを作成中で、セット開始したらまた記事にしようと思っているのですが、
その前に新しいカテゴリー「独り言」の一発目です。


はじめに
この「独り言」はクワカブ飼育情報に関することを除く、私自身が感じ考えたことを、ただ独り言のように呟く場所です。
あくまでも独り言です。
間違った考え方、偏った捉え方も多々出てくると思いますがスルー願います笑
また、そのような考えを呟いていくところですが、ある特定の人物を否定し、批判する場ではないので、人物を特定出来る手がかりや、その本人がたまたまこの場に出くわし、自分のことだと思わないようある程度の情報は伏せていきます。




では、本題


今回増種した種もお得意のヤフオクで入手したのですが、そのヤフオクで最近良く見かける“梱包料"“ノークレーム・ノーリターン”について。

今は無きビッダーズユーザーであった私の記憶では、当時のビッダーズで梱包料というのはあまり見かけなかったような気がします(あくまで記憶を辿った結果の話なので、そこだけ記憶が削除されている可能性も否めませんが)。ですが、現在では梱包料を取らない方が珍しいくらい落札額に上乗せされるのは当たり前のような状況。

梱包は生体を安全に送り届けるために必要な物資であって、それに掛かる費用を購入者に負担してもらうものは当然のことだと思います。誰もが購入した生体の死着は避けたいですからね。

そのことを十分に理解はしているので、梱包料を取るな!という話ではありません。

梱包に掛かる経費は負担するから、しっかり梱包してね。と思いながら支払います。

ちなみに私自身も出品することが稀にありますが、その際の梱包料は資材のストックがあれば、それを使用するので取っていません。
もちろん購入者には中古の資材で良いか尋ねます。中古が嫌だと言われれば新品を用意します。そしてそれに掛かった費用はお願いするところですが、今現在で中古が嫌だという方は居ません。


そんな中、いつものように梱包料を負担したものの、届いた資材を見たところ中古の発泡スチロールに中古の飼育ケースというケースがありました。これのどこにそれだけの梱包料が掛かったの?と疑問に思います。

そして梱包自体も少し甘い。

生体は無事だったから結果的には良いんだけど。




そしてもう一つ。


ノークレーム・ノーリターンについて。


これは昔から見る決まり文句ですよね。
元々いちゃもんを付ける気など更々無いので、全く気にしないものでしたが、ある取引でこの決まり文句が引っ掛かりました。


説明文に

・画像で生体の状況を確認して下さい。
・符節は全部揃っています。
・完全・完品を求める人は入札しないで下さい。
・ノークレーム・ノーリターン

一部抜粋ですが、以上のことが記載されていました。
どれも良く記載されている内容ですね。

落札後、入金を済ませ発送の連絡を待っていると、生体の状況が変わり符節欠損と符節麻痺が見つかりました、発送しました、到着したら評価で知らせて下さい、と。

そこは発送前に状況が変わっているのだから、購入者にお伺いを立てるべきでは?と思ってしまいました。
このようなことをされると少し信用に欠けます。ただでさえ顔の見えない取引ですから。

到着したら評価で少し低めの評価にして、このような考えを出品者本人に伝える内容を記載しようと思ったのですが、ここで引っ掛かったのが「完全・完品を求める人は入札しないで下さい」というところ。

これで評価低く入力したら、この文句を挙げられ私の評価も同じ低めにされるのだろうと思うと、非常に良いで入力してしまいました。これだと評価の意味がない。どこかのブログでも目にした記憶がありますが、私も同意見です。なのに非常に良いで入れてしまいましたが笑

出品することよりも購入することからの方が、出品に関して学ぶことって沢山ありますね。

写真もなく長い文字だけで、つまらないものになってしまいましたが、独り言第一弾はこの辺で。

プロフィール

らん

名前:らん
ようこそ初めまして!
北海道に住む20代でクワガタ・カブトと犬をこよなく愛する“らん”と申します。
いろいろと飼育していますが、メインは色虫。ニジイロとパプキンが大好きです。
いろんな方と交流を持ちたいので、気軽にコメントなど頂けたら嬉しいです^^

※らんは愛犬の名前

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR